アイデル
リハビリ訪問看護ステーション

TEL 0745-43-7180

〒635-0058 奈良県大和高田市西坊城51-1

あいでる~む
重症心身障がい児デイサービス

TEL 0745-43-8227

〒635-0058 奈良県大和高田市西坊城51-2

勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について

  • HOME
  • ブログ
  • 勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について

勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について

勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について
勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について
勉強会『アドバンス・ケア・プランニング』について

 こんにちは。今日は暖かいですね。今日は事務所のエアコンもいつの間にか消されていました。それでも寒いとはかんじず、いつも羽織っているパーカーを脱いでしまうぐらいです。明日以降もしばらく寒さが緩むようですが、体調管理には引き続き気を付けていきましょう。

 さて、今日は木曜日 定例勉強会の日でした。今回は 杉本さんが『アドバンス・ケア・プランニング』についてお話してくださいました。  自らが望む人生の最終段階における医療・ケアについて、前もって考え医療・ケアチーム等と繰り返し話し合い共有する取組を「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」と呼ぶそうです。(厚生労働省引用)初めて聞く言葉でしたが、皆様ご存知でしょうか?愛称として『人生会議』と言われロゴもあるそうです。人生会議と聞いて、ピンと来られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?少し前になりますが、ニュースでそのポスターが賛否両論物議を醸していたものです。

人生最期をどうありたいかなんてまだまだ先の事・・・と考えたこともありませんでしたが、いつ事故に遭うか病気にかかるかも知れません。脅すわけではありませんが、自分のため家族のために 話す機会をもつことはすごく大切なんだなと感じました。「もしも・・・」のことを話し合い自分の考えを他者と共有する、環境や体調の変化に合わせ何度も話し合うことが大切だそうです。 

そうはいっても少し重い空気間になりそうな話題なので気が引けますが、『もしバナゲーム』(亀岡総合病院監修)というカードがあるのでそれを使って話のきっかけを作ってみるのもいいかもしれませんね。