奈良県大和高田市のリハビリ・訪問看護なら、アイデルへ。機能低下予防、個別リハビリ、0歳~リハビリ対応

株式会社 アイデル

会社案内

ご利用案内

ご質問・ご相談


QRコードはこちら
HOME»  ごあいさつ・運営方針

ごあいさつ・運営方針

ごあいさつ

2000年に施行された介護保険法の施行により、訪問看護は世間で広く認知されるようになりました。
それ以前にも、古くから派出看護という形で、行われていたといわれています。
訪問看護はご自宅で病気療養中の方や、退院後ご自宅での療養に切り替えた方に、看護師や理学療法士等、専門知識を有する者が療養生活の支援を行うサービスです。
アイデルリハビリ訪問看護ステーションは、ご自宅にてご療養中の方に、質の高い看護を、適切かつ安全に提供する事を目的とし、設立しました。
高齢化社会の中、地域に必要なステーションとなるよう精進していきます。
在宅での介護やリハビリ生活に悩んでいる方々、退院後の生活に不安を持たれている方々、是非一度当ステーションにご相談ください。

 

代表取締役 吉川 景一郎


代表取締役 吉川 景一郎

 

経歴

1979年 奈良県大和高田市で生まれる。
1992年 大和高田市立菅原小学校卒業
1995年 大和高田市立片塩中学校卒業
1998年 奈良県立畝傍高等学校卒業
2003年 吉備国際大学卒業
作業療法士免許取得
ボバース記念病院勤務
2006年 森之宮病院勤務
2012年 株式会社 アイデル設立
アイデルリバビリ訪問看護ステーション開設

 

理念

私たちは、利用者にいつも優しく、生活の質の確保に資する見地から在宅利用者に最良の訪問看護サービスを提供します。また、心身の機能の保持、増進、快復をはかり、疾病や障碍による影響を最小限にとどめ、家庭における療養生活を支援します。

 

基本方針

1、利用者の心身の苦痛や障碍の軽減のために行動し、利用者及び家族が必要とする質の高い看護を適切かつ安全に提供します。

2、疾病をもちながら在宅療養する利用者と看護を提供する看護職は共に生きる人間として同等であることを念頭に置き、人権を尊重し懇切丁寧を旨といたします。

3、地域との結びつきを重視し、他の保険・医療または福祉サービスと共存共栄して事業が展開できるように努めます。

4、利用者の生活の質の向上とともに経済的効率を考慮し、常に研究的姿勢に努めます。

5、訪問看護が地域社会において評価されるように自己研鑽に努めます。

 

お問い合わせ

お問い合わせ窓口